お気に入りともっと一緒に

ファスナー修理の情報が満載!

このサイトでは壊れてしまったファスナーの修理について紹介していきたいと思います。
お気に入りの洋服や大切な思い出の詰まったポーチやバッグ、まだ新しく使えると思っていたのに開閉部分だけが壊れてしまってもったいないと思いつつも捨ててしまった。
そんな残念な経験はありませんか?手放してしまう前に、完璧に元通りとまではいかなくてもお気に入りの物がもう一度使えるように手直ししてみるのも良いのではないでしょうか?

ファスナーのスライダーを自分で修理する

ファスナーのスライダーを自分で修理する 一番安くて簡単な方法は自分で修理することです。
次に紹介する修理方法は大きめのファスナー限定です。
ベビー服や女性用のスカートなどについている繊細な作りのファスナーは対応できないため注意してください。
まず最初にすることは、壊れてしまったファスナーのスライダー部分を取り外す事です。
取り外すためにファスナーの端の目立たない場所をほんの少し切り込みを入れます。
歯と歯の隙間のような部分です。
切り込みを入れた場所からスライダーを抜き取ります。
その穴をよく見て同じくらいの大きさのものを用意します。
百円ショップや自分の古い持ち物をチェックしてみると良いです。
次に切り込みからスライダーを押し込むようにして入れます。
この時、左右のずれが無いように気を付けてください。
最後に切り込みを縫います。
これで一番お手軽な修理は出来上がりです。

ファスナーのスライダーが外れたら修理を依頼しましょう!

ファスナーのスライダーが外れたら修理を依頼しましょう! 皆さんはファスナーのスライダーが外れてしまった経験はありませんか? 外れてしまったらファスナーを閉めるのに手間がかかりますし、たとえスライダーが外れたとしてもだましだましで使うことはできますが、何度も外れたり、紛失したりすることも多くあります。
急いでいる際に誤って外してなくしたりすることも多くあるので不便ですし、何よりフラストレーションがたまって、普段の生活にまで悪影響が出てきてしまいます。
かといってファスナーを自分で修理するのは、かばんが高級だったりすると気が引けてしまいますし、別の部分を壊してしまうかもしれないので怖いですよね。
そんな時はいっそのこと思い切って修理を依頼しましょう。
お店に依頼すれば壊してしまうといった心配はないですし、お気に入りのかばんにあった物を選ぶこともできます。
今までの外れたスライダーを使い続ける不便さを考えるといっそのこと思い切って修繕に出してしまうと、今までの不便さが嘘のように生活が快適になります。
普段の生活で頻繁に開け閉めする場所でもあり、使い込むことによる劣化は仕方のないことなので、こわれてしまった部品は修理して、今までのかばんの苦労をねぎらってあげましょう。

ファスナーの修理を行う場合の基本的なプロセス

ファスナーの修理を行う場合の基本的なプロセスですが、トラブルの原因によって違います。スライダーが生地を噛んだ場合には、無理にファスナーを閉めると巻き込んだ部分を傷めてしまう恐れがありますので、挟まっている場所をゆっくりと引っ張り出します。その際に抵抗を少なくすることを考えなければなりませんので、生地をエレメントに密着させるのがコツです。エレメントが閉まらなくなった場合、ベンチでスライダーを挟んでゆるみを解消できることがあります。これで直らない時には横から見ると部品がコの字になっておらず正常な状態ではない恐れがあり、専門家の修理が必要かもしれません。なかなか動かない時には、潤滑剤を塗ることで対応できる可能性大です。滑りを良くしてみても改善されなければ、次の手順にうつります。布がたるんでいることを想定して、一度元に戻してからたるみを手で整え、しっかりと引っ張った状態で引っ張り上げることで完了です。

ファスナー修理や交換について自分で出来る場合と依頼する場合

ファスナーは消耗品であり、構造上摩耗が避けられないパーツになります。レールにはめ込まれたスライダーが開いてしまうことで上下できなくなることもあるのです。簡単な修理としてはペンチなどを使ってかしめることで行えますが、金属疲労をしている場合にはまたすぐに開いてきてしまいます。そうなった場合には新しいスライダーに交換するか、全体を取り換えなくてはいけません。 ファスナーは衣服やバッグに縫い込まれているために、縫製を外して適切な長さの新品に入れ替えなくてはならないのです。長い物は価格も高いですが、それ以上に人件費が高額になります。だから修理を行うよりも買い替えをした方が安くなることもあり、思い入れがない私物ならば新調した方が価格的なメリットもあるぐらいです。ファスナー交換はブランの衣服ならばリペアサービスに依頼して、それ以外のアイテムは街にある衣服のリフォームショップへ依頼することでリペアが可能になります。

ファスナーを自力で修理出来ない場合の対処法とは

ファスナーが壊れても、簡単な処置で直せることがあります。最近ではインターネット上に直し方が掲載されていることも多いので、同じ症状のものが見つかればスムーズに直せる可能性があります。ただし、症状や材質、部位によっては自力で修理するのが困難なケースもあり、自力では解決出来ないことが分かったら専門の業者に依頼するのがお勧めです。探してみると多くの業者がファスナーの付け替え等を行っており、その日のうちに対応してくれるところもあります。すぐに使いたい物が壊れてしまった場合には、即日対応してくれるお店を探すことになりますが、ゆっくりと対応してもらうので構わない場合にはサービスの質にも注目して選ぶことが大切です。これまでにどのような修理を手掛けているのかをインターネット上で紹介していることがあり、それらを確認すると作業の質も分かります。出来るかが分からないというケースでは、持ち込んで実際に見てもらってからの判断になります。

ファスナー修理を依頼する業者は技術力が大事

ファスナーが壊れても、ちょっとした不具合なら自力で直せますが、本格的に壊れてしまうと自分では修理できません。その場合は業者に依頼するのが一般的であり、最近ではそういったサービスを提供している店舗がたくさんあります。近場にあると便利ですのでつい一番近いお店に依頼してしまいがちですが、大切に使ってきた洋服やバッグ等が上手く直らない可能性もありますので、慎重に選ばなければなりません。もっとも重要なのは技術力であり、どの程度のノウハウやスキルを持っているかを調べることが大切です。実際に目の前でファスナーの修理をしているのを見るわけではありませんので、判断できるような材料がないと戸惑うかもしれませんが、技術の自信のあるところは過去に手掛けたものをインターネット上で公開しています。それらを確認することで大体のスキルレベルが分かりますので、まずはインターネット上のサイトで紹介されている情報をチェックするのがお勧めです。

ファスナーの修理は種類ごとに調べて対処する必要あり

ファスナーが壊れてしまい修理が必要になったら、種類ごとに手順を調べる必要があります。スライダー部分に不具合が生じるケースはとても多く、例えばファスナーテープから抜けたり引手が取れてしまうことがあります。この場合はつけ直すのが最善の方法であり、同じ大きさのものを用意して縫い付けるのがスムーズです。動かしにくい時には、スムーズにするために蝋を付着させる必要があります。生地を噛んでしまった場合には、無理に進めようとするのではなく、まずは周りの生地をしっかりと押させて戻してみます。ファスナーテープ部分がほつれてしまったら、その部分を縫い直すことで解決できますが、穴が開いていてそれが大きければ対処するのが困難です。その場合は付け替えがベストです。他にも噛み合わせがずれたり、上止めや下止めが取れてしまう等の症状があり、自力では直せないような症状もあります。修理が難しいと感じたら専門の業者に依頼することをお勧めします。

ファスナー修理の情報を集めよう

ファスナー 修理


Copyright © 2021 お気に入りともっと一緒に all rights reserved.